株式会社F・Fの取り組み

最新技術と自然との調和

画像
株式会社F・Fでは最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を護る企業を目指します。人々の暮らしの安全と安心を護ります。建物の構造を調査し正確なデータ資料を提供いたします。株式会社F・Fが持つ最先端の調査技術を活かし、社会のインフラのさまざまなデータを提供いたします。建物の耐震調査、橋梁の調査、標識の点検、外壁調査などあらゆる構造物の調査を行います。あなたの街の構造を護る。それがわれわれの使命です。

株式会社F・Fの事業内容

耐震診断

「耐震診断」

昭和56年6月以前の旧耐震基準で設計されている建物の耐震性を確認し報告書をまとめます。
橋梁調査

「橋梁調査」

橋梁調査・定期点検は、道路橋の最新の状態を把握するとともに、次回の定期検査までに必要な情報を得るために行い、点検調書を作成します。
標識点検

「標識点検」

標識等の点検は、道路管理業務の一環であり、補修などの必要性や方法を決定するため損傷原因や損傷の程度を把握する目的で実施します。調査結果を報告書にまとめます。
外壁調査

「外壁調査」

建築基準法により特殊建築物定期調査の定期報告にて外壁前面診断が必要になりました。打診による調査・赤外線による調査結果を報告書としてまとめます。











画像

最新技術革新的な技術で世の中を護る企業を目指します

株式会社F・Fでは、スペシャリスト(有資格者)による最新技術で建造物を護ります。経験に裏づけされた技術で世の中を護る企業を目指します。 自然災害が増加し、異常気象も激しさを増しています。社会のインフラや建物、ビルやさまざまな建物の耐震性や耐久度を事前に調査し保護を促進します。 建造物の補強やメンテナンスは、時間がかかるものです。補強・補修しなくてはいけない箇所を技術に裏打ちされたデータにより適切に割り出し調査いたします。


【資格保有者】   【特別教育修了者】  
コンクリート構造物配筋探査技術者 2名 ゴンドラの操作の業務 3名
建築仕上診断技術者(BELCA) 1名 クレーンの運転の業務 1名
住環境コーディネーター2級 1名 フォークリフトの運転の業務 1名
京都府地震被災建築物応急危険度判定士 1名 建設用リフトの運転の業務 1名
2級建築士 1名 →「株式会社F・F「有資格者ページへ」」  



お知らせ